〒355-0815   埼玉県比企郡滑川町月の輪4-18-26   TEL:0493-62-7000   Fax:0493-61-1061   E-mail:info@nameso-h.spec.ed.jp
 

保護者の皆様へ

滑総メール発信登録のお願い★  
 本校では学校からの情報発信の手段として、メール発信を行っており、東日本大震災の時は「電話よりも早く学校からの連絡が届いた」という声をいただいております。
 今後も情報発信の一つとして運用していきますので、未登録の方は登録することをおすすめします。また、携帯電話のアドレスを変更した場合は、再登録をしないとメールが届かない状態になってしまいます。アドレスを変更された保護者の皆様は再登録をお願いします。
  登録の方法はこちら(pdfファイル)
 

アクセス

〒355-0815
 埼玉県比企郡滑川町月の輪4-18-26
     Tel:0493-62-7000
      Fax:0493-61-1061
 
携帯で見る場合は下のコード
 読み取ってください。


このHPは、埼玉県立滑川総合高校が
管理する公式HPです。
無断でリンクすることはご遠慮ください。
 

緊急情報発信用のページについて

 緊急時における、滑川総合高校から在校生の皆さんへの連絡手段として、緊急情報発信用のページを用意しました。以下がそのアドレスです。

https://sites.google.com/a/nameso-h.spec.ed.jp/info/

 本校の通常のホームページが見られない(アクセスが過度に集中している等)ときは、緊急情報発信用のページへ誘導されます。
 

アクセス数

COUNTER264022

お知らせ

 
 
Pickup!! 滑川総合
12345
2015/04/17

福田小学校にも「無事カエル」をプレゼント

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

4月14日()の宮前小学校・月の輪小学校に続いて、4月17日(金)には福田小学校の「新入生を迎える会」で、本校生活部の生徒が「無事カエル」マスコットを新入生全員に手渡しました。新入生のお友だち。交通安全に気をつけて、楽しい学校生活を過ごしましょう。

また、迎える会では「お誕生日のうた」に合わせて、福田小学校のお友だちと一緒に本校の生徒も楽しく踊りました。
このような取組を通して、本校と地域のつながりも深まっていきます、今後も、いろいろ発信させていただきます。

 

なお、4月12日に埼玉新聞県西版に紹介された「無事カエル」の記事について、ホームページへの掲載のご承諾をいただきました。

11:15
2015/04/15

「無事カエル」マスコットをプレゼント

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

4月14日()に滑川町内の宮前小学校・月の輪小学校の新入生歓迎会で「無事カエル」マスコットを新入生全員に手渡しました。

マスコットは本校生活部の2・3年生約30名と家庭科係が昨年4月から「交通安全」の思いを込めて、ひとつひとつ手作りしたものになります。

4月17日()には、福田小学校の新入生へプレゼントしにいきます。

4月12日()の埼玉新聞県西版に紹介されました。


  
 
 

14:52
2015/04/13

対面式が行われました

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

4月9日()に対面式が行われました。

前日の雪の影響が残り、グラウンドが使用できず、体育館での実施となりました。

生徒会長から新入生に向けた歓迎の言葉に続き、新入生代表の言葉がありました。新入生は一日も早く高校生活に慣れ、滑総での学習・部活・行事等で活躍し、11年目を迎えた本校の良き伝統を引き継いでいくことを願っています。



 

14:55
2015/04/13

平成27年度がいよいよスタートしました

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

4月8日()に着任式・始業式・入学式が行われました

午前中に行われた着任式では新2・3年に対して、今年度新たに着任した先生方の紹介とあいさつが行われました。引き続き、始業式が行われ、校長講話では新年度のスタートに当たり「グチを“吐く”のではなく、-(マイナス)なことを取り除き、プラス思考で夢を“叶えよう”」といった、内容の話がありました。その後の新担任・副担任の発表では生徒から大きな歓声や拍手など様々な反応が見られました。

午後の入学式は雪が降るあいにくの天気でしたが、本校の入学試験を見事に突破した282名の入学が校長より許可され、滑総生の仲間入りを果たしました。楽しく、充実した高校生活が送れることを、職員一同願っております。

 

  

《入学式》

 

《着任式》                 《始業式》



13:31
2015/03/16

1,2年生対象に進路講演会を行いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 3月16日(月)に(株)マイナビから外部講師をお招きして進路講演会を行いました。高校卒業後の進路の現状を就職、進学にわけて詳しくご説明していただきました。また、将来に向けてどのように向き合っていったらよいのかということについてお話をしていただきました。4月から進路実現に向けて新たなスタートをきる生徒達も真剣に聞き入っていました。

    
16:36
2015/03/13

卒業式が実施されました

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

3月13日()に第10回卒業証書授与式が挙行されました。天候にも恵まれ、滑川町長を始めとした来賓の方々、多くの保護者に参列していただき、盛大に執り行われました。

厳粛な空気の中で式は進行し、後半の校歌斉唱では吹奏楽部の演奏のもと本校らしく元気よく歌われ、卒業生268名の晴れの門出を祝うようでした。

退場時には3年間の高校生活に思いをはせ、涙ぐむ卒業生の姿が数多く見られるようなとてもすばらしい式典でした。

   

   


16:51
2015/02/23

カタリ場プログラムの実施

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

2月19日(木)に、1年次の教科「産業社会と人間」の一環として、NPO法人カタリバによる『カタリ場』プログラムが実施されました。
自分自身に自信を持った上で、次のステップへ主体的な「挑戦」をするために、2年次で何をがんばるのかという目標設定をし、充実した高校生活となるようにすることを目指したものでした。
当日はカタリバスタッフ(大学生・専門学校生)約70名が来校し、少人数グループの中にスタッフが入っていろいろな話をしたり、人生の先輩であるスタッフの中から興味を持った人の話を聞いたりしながら、生徒自身が自分のことを考え、今後の目標設定などを行いました。
生徒の中にはプログラム終了後も残って、スタッフに色々と質問をする姿も数多く見え、普段なかなか話をすることのない、年齢の近い先輩から多くの刺激を受けたようでした。

 
 

09:08
2015/02/16

平成26年度 学校保健委員会が開催されました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

日 時  平成27年2月6日(金)午後1時30分~午後2時30分
会 場  総合学科棟 大講義室
内 容  ・PTA保健委員会「食事に関するアンケート」集計報告                        
      ・平成26年度保健活動についての結果・報告 等                
      ・平成26年度生徒保健委員会活動報告
      ・研究発表「心肺蘇生法・AEDについて」(生徒保健委員会・発表係)
      ・意見交換(保護者からの感想等)
      ・学校医・学校薬剤師より指導講評
参加者  学校医2名、学校薬剤師1名
       PTA9名、職員11名、生徒保健委員41名
 今年度もお忙しい中、学校医・学校薬剤師・PTAの方にご出席いただき、とても有意義な学校保健委員会を開催することができました。
生徒保健委員も、パワーポイントを用いてわかりやすく発表を行うことができました。また、心肺蘇生法の実習を行うことで、緊急時の対応に備えることができたと思います。
*今年度、埼玉県より本校に支給されたAEDトレーナー(人形付き:1セット)及び簡易式心肺蘇トレーニングキット(20セット)を活用

 
 



15:50
2015/02/12

バスケットボール部による小学生との交流

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

2月6日(金)バスケットボール部によるスポーツ交流が月の輪小学校の体育館で行われました。
本校男子バスケットボール部が訪問して、月の輪小6年生を対象に、バスケットボールの基本練習を教えるといった機会をいただきました。本年度新たに実施した交流事業ですが、多くの笑顔が見られ実りある交流となりました。
月の輪小では4日にも実施、町内の福田小・宮前小でも2学期に実施しました。


 

14:18
2015/02/09

写真家・冒険家 石川直樹氏が来校されました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

写真家・冒険家 石川直樹氏が来校されました。

 25日(木)に、12年次生対象の「キャリア教育講演会」の一環として、石川直樹氏に、「地球を旅する」というテーマで講演していただきました。石川氏は、2000年、世界7カ国の若者と共に、南極点から北極点をスキー、自転車、カヤック、徒歩などの人力で踏破。2001年当時の世界最年少世界七大陸最高峰登頂達成に加え、2度のエベレスト登頂を達成されました。

講演では、高校時代を振り返り、高校2年生のときインド・ネパールを旅したこと、たくさんの本を読んだこと、決して体力に自信があったわけではないけれど、「もっと知りたい」という好奇心や自分の目で世界を見ることの大切さが自分を突き動かしたことなど、生徒に対してご自身が感じたことを伝えてくださいました。また、南極・北極の壮大な自然、標高8000mを超えるヒマラヤの山々など素晴らしい映像の数々を見せてくださいました。生徒は、石川氏の「地球の旅」と生き方に魅了され、大変興味深く聴講している様子でした。       
     
   


  

 


16:30
12345